性器周辺や膣の中にイボができている

性器周辺(外陰部・肛門付近・膣内)にイボができている場合は、尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)に感染している可能性があります。

尖圭コンジローマってどんな病気?

尖圭コンジローマは、皮膚の接触や粘膜からヒトパピローマウイルスが侵入し、性行為から3週間~6ヶ月の潜伏期間を経て、皮膚にイボ状の突起や隆起性ができます。

放っておくとイボが大きくなったり数が無数に増えていくため早期治療が必要です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)は100種類以上もあり、高リスクのHPVや低リスクのHPVがあります。

子宮頸癌、肛門癌、外陰癌、膣癌、陰茎癌などの悪性腫瘍から分離されるHPVを中~高リスクHPV、または、発癌性HPVといい、尖圭コンジローマなどの良性乳頭腫から分離されるHPVを低リスクHPVといいます。

ですからHPVに感染している場合はがんになる危険性もあるため注意が必要です。

※ウイルスに感染しても潜伏期間(無症状)が長いため、誰からウイルスをもらったのか特定することが難しいSTDです。

症状

・陰部や肛門周囲にイボが発生する(カリフラワー状・鶏冠状のイボ)
・軽い痒み・痛みはあるが自覚症状が無い場合も多い
・オリモノが増加する
(他の性病にかかっていると感染しやすくなります)

治療

イボ自体は塗り薬(液体窒素による凍結手術)や医療レーザー、電気焼灼手術、液体窒素による凍結手術で除去できます。

しかしウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、再発する可能性が高いSTDとして知られています。

尖圭コンジローマが検査できるキットはこちら
子宮頚がんの検査も一緒にできるのが嬉しい! ★★★★★
kensa.biz 子宮頸がんHPVヒトパピローマウイルス(おりもの)検査セット
販売価格(税込) : 9,400 円
HPV検査だけならコレ!★★★
HPVヒトパピローマウイルス(おりもの)検査
販売価格(税込) : 6,600 円