性病検査キットをはじめて使ったときの話

私が初めて性感染症になったのは18歳の時です。

セックスの後アソコがひりひりしていましたが最初はあまり気にしていませんでした。

2~3日後、なんとなく膣の中がチクチクするような気がして違和感があり、オリモノがいつもより白く濁っていて増えてきました。

我慢ができないほどではなかったけれど「もしかして性病かも?」という思いがありました。

性病についてWEBで調べる

心配になってネットで色々調べてみると「性病検査キット」というのがあることを知りました。

病院へ行くのが嫌だったのでまずは自分で調べてみることにしました。

しかし初めてのことで、一体どの性病の検査をすればよいのか全く見当がつきません。
とりあえずエイズも性病も全て調べられる検査キットを注文しました。

配達員の人にバレていないかとヒヤヒヤしましたが、普通の小包で中も何だか分からないようになっているのでホッとしました。

自分で検査物を採取できるか心配でしたが意外と簡単にできました。封筒や容器に自分のナンバーを記入してポストに投函し結果を待ちます。

結果が出るまでの3日間はとてもとても長く感じました。
3日後にWEB上で性病検査の結果を確認してみると、膣ガンジタと性器クラミジアが陽性でした。

勇気を出して病院へ行く

勇気を出して女医さんがいる婦人科を探して病院へ行きました。

女医さんは、母親と同じくらいの年齢でホッとする反面叱られているようで少しドキドキしました。

病院でも検査をしましたが、結果は検査キットと同じクラミジアと膣カンジタでした。錠剤を処方され決められた日数服用するように言われました。2週間後ウイルスが体に残っていないか再検査し、陰性だったので治療が完了しました。

膣カンジタや性器クラミジアは、早めに治療をすれば1週間~2週間で完治するそうです。