尖圭コンジローマ(コンジローム)の治療は恐怖だった

私が尖圭コンジローマをもらったときの話です。

当時大学生だった私はあるイベントを手伝っているときに若手実業家の年上男性に名刺を渡され「この後、一緒に食事でもどう?」と誘われました。

彼は20代でIT関連の会社を設立して若くして成功しているそうで。甘いマスクで同級生の男の子にはないオーラを放ち、まさに「大人のオトコ」。

まだ若かった私は「めちゃくちゃタイプ!」と浮かれすぐにアドレス交換し食事のお誘いにOKしました。

お互いにイベントも終わりで盛り上がってしまったのでしょうね。お酒を飲んでいたこともあり食事だけで済むはずもなく雰囲気にまかせでホテルへ行きました。

ちょっと遊んでそうな人だったので不安もありましたが「イケメンだしまぁいいいか」という軽い気持ちだったと思います。

正直その夜のことはあまり覚えていません。昨日は相当酔っぱらっていたみたいです。
記憶もところどころしか無く、目が覚めて自分の馬鹿さ加減にとても後悔しました。

その彼は「オレ、仕事あるから先出るね~また連絡するね!」と軽く言い去りました。「また連絡する」と言われたけど、その後はとくに音沙汰なし。

あまり記憶が無いため自分から連絡するのはちょっと気が引けてしまい結局その男性とは二度と会うことはありませんでした。

性病に気付いた

それから1ヶ月後。私の身体に少しずつ異変が・・・。

まずはオリモノの変化。普段私のおりものは透明なのですが、いつもと違って白く濁っていました。

また、オリモノが固まって出てくるようになり消しゴムのカスみたいなボロボロとしたものが下着につくようになりました。アソコがむずむず痒いし臭いもきつくなりました。

「これはおかしいぞ」と思い、自分の膣に指を入れて中を確かめてみました。すると、膣の中には無数のイボがあるではありませんか!

以前はもっとスムーズに指が入っていたのに、イボができすぎていて膣が狭くなっています。ザラザラというかボコボコした指触り・・・私が知っている自分の膣の中とは全く違います!

この無数のイボにオリモノが引っ掛かって、消しゴムのカス状になってしまっていたのだと思います。奥まで指を入れて中を掻きだすと固まりになったオリモノが出てきました。

そう、あの男性から性病をもらってきてしまったのです。

あれから彼以外とはSEXしていないし彼以外考えられないのですが、すでにあの夜から既に1ヶ月が経過。性病の感染源が彼という証拠はゼロ。連絡して「あんた性病持ってるでしょ!」と聞くわけにもいきません。

病院で性病の検査をする

これはヤバイ気がする…と思い、勇気を出して病院へ行きました。

病院では「オリモノの状態がおかしい」ということと「膣の中がむずむず痒い」と自分の症状を伝えました。

尿検査、オリモノの検査、血液検査、イボの細胞の検査をしてもらいました。

医療器具のクスコが膣の中に入れられぐいっと膣を広げられます。カチャカチャと金属器具の音がしてチクっとした痛みが…。膣の中のイボの細胞を取られるのがわかりました。

1週間後に検査結果を聞きに行きました。結果はやはり尖圭コンジローマ(コンジローム)、おまけにクラミジアも発症していました。

「クラミジアは薬を飲めばすぐに治るけど、コンジロームは残念ながらしばらく時間がかかるよ」と医者に言われました。膣内にイボが無数にできていて、このイボを1個1個レーザーで焼いて治療をしていくそうです。

コンジローマの治療

話を聞いて気持ちが悪くなりました。

膣内を広げられて医療レーザーでジュっとイボを焼いていくのですが、イボが多すぎて1度にはできないため、何回かに分けて治療しなくてはならなかったのです。

1回目の治療が終わったら、そこにウイルス繁殖しないように消毒に週1で通院。膣内が火傷するようなものなので、レーザーで焼いた傷口から水みたいな汁が出てくるんですよ。水が大量に出てくるので常にナプキンを付けて生活していました。

半年の間通院してようやく全部のイボがなくなりました。傷跡もキレイになくなり、膣の中に指を入れるとイボが無く以前と同じ膣の中になっていました。

実は、コンジローマの治療中に恋人ができたのですが、彼にはもちろん性病になったことは言えませんでした。

ありがたいことにエッチを迫られるのも数回だけだったので、上手くごまかして何とかバレずに済みました。

コンジローマの再発

しかし治療が終わって2ヵ月後…コンジローマが再発してしまったのです。

ウイルスがまだ残っていたらしく前と同じく膣内にイボがびっしりできてしまいました。さすがに、彼氏も様子が変だと気付いたみたいでついにバレてしまいました。

そして、「え?!性病?!無理無理!もう、別れたい」と言われて彼に振られてしまいました。

性病女はやっぱり嫌だよね…しかもコンジローマ。

まだエッチをしてなかったので彼に移らなかったのが不幸中の幸いでした。失恋の悲しみをこらえながら、さらに半年かけて治療に通院しました。

「性病で振られるなんてサイテーな女・・・」って 自暴自棄になって死んでしまいたいと心から思いました。

完治はしたけれど・・・

そして、コンジローマ発覚から約1年後にようやく完治の診断をもらうことができました。 その後はまったく再発していないです。

しかし、まだ安心できるわけではないのです。尖圭コンジローマのヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頚がんの原因になるので、普通の人に比べて私は子宮頚がんになる確率が高くなりました。 今でも年に1回は婦人科で性病と子宮がんの定期検査を受けています。

女性の皆さんには、本当にこの性病だけは気をつけてほしいです。人生を狂わせる恐ろしい性病です。

尖圭コンジローマが検査できるキットはこちら
子宮頚がんの検査も一緒にできるのが嬉しい! ★★★★★
kensa.biz 子宮頸がんHPVヒトパピローマウイルス(おりもの)検査セット
販売価格(税込) : 9,400 円
HPV検査だけならコレ!★★★
HPVヒトパピローマウイルス(おりもの)検査
販売価格(税込) : 6,600 円