1番になれない私

チャットで知り合ったKとまだお互いよく知らないまま交際が始まりました。

自己中心的な部分もありましたが、私をリードしてくれる年上の優しい彼氏。最初の1ヶ月は映画を観たりドライブしたりラブラブな日々でした。

メールは毎日何十通も送り合い、会えない日は電話で長い時間話をしました。

しかしK釣った魚には餌をやらない男でした。

付き合って2ヶ月目からは、デートらしいデートにはほとんど連れて行ってくれず、会うのはいつもKのアパート。

部屋でただSEXするだけ。

「好きだよ」という言葉1つくれず、甘い雰囲気は全くありません。

「ほら、いつものやって」と言われ、嫌だと思いながらも私はフェラチオし、Kは私の顔を見ることもなく無言でテレビを見ながらのSEX。

まるでお金のかからないデリヘル嬢のような扱いでしたね。

彼女からセフレへ

付き合ってから3ヶ月ほど経った頃、Kからメールの返信が届かなくなりました。電話をしてもなかなか出ないし、会っている時も上の空。

私は「もしかして浮気してる?」とKに聞きました。

「うるさいな、調子に乗るなよ!女ならいくらでも寄ってくるんだよ。」

「なんならセフレとしてなら会ってやってもいいぞ。」と逆ギレされてフラれました。

なんと私の他にも2人の女と同時に付き合っていたそうです。多分その他に何人かセフレもいたのだと思います。

いつか彼の1番になれるかも

ネットで知り合ったとはいえ私は本気で恋をしていました。

しかも初体験の相手ですし簡単に諦めたくありませんでした。

他に女がいると分かっても、酷いことを言われてもKを嫌いになることができませんでした。

もっと魅力的な女性になれば…、もっと彼の喜ぶことをしてあげれば…と完全にダメな女になっていましたね。

当時はKのことしか見えず「いつか彼の1番になれるかも」という想いだけで、ずるずると体の関係を続けてしまったのです。

その時は、まさか自分が性病を移されるなんて思ってもみませんでした。

つづき≫初めての性病