保健所の性病検査ってどうなの?

性病・HIVの検査は全国の各自治体の保健所で無料・匿名で受けられます。

参考までにリンクを貼っておきます。
東京都福祉保健局ホームページ
HIV検査・相談マップ-性感染症の検査・相談窓口情報サイト
(こちらから各都道府県の保健所や相談所が検索できます)

東京都南新宿検査・相談室(ネット予約が可能です♪)

保健所によって検査種目が異なりますので、詳しくは各自治体の保健所のHPで確認してください。人数限定・要予約など多少制限があるようです。

保健所の性病検査の流れ

【1】電話予約
各自治体のHPに予約用の電話番号が載っています。「エイズの検査で~」「性病の検査がしたい」と伝えます。ちょっと緊張しますね。
性別と年齢を伝えて、整理番号をもらいます。
【2】予約当日に保健所へ直接行く
匿名検査なので特に何も持っていく必要はありません。手ぶらで保健所に行きましょう。
【3】受付
問診票・申込書に必要事項を記入します。
【4】問診
担当の保健師や看護師に感染したと思われる内容と時期を伝えます。その他不安なことがあれば匿名なので遠慮せず相談しましょう。
【5】検査
尿検査・血液検査などを行います。
【6】検査結果を確認く
1〜2週間後に検査結果が出ます。郵送や電話での検査結果確認はできないため、保健所まで行って、直接医師から結果や説明を受けます。

<保健所での検査のメリット>
・無料で検査が受けられる
・匿名で検査が受けられる
・もし、陽性だった場合早期に治療を開始できる。

<保健所での検査のデメリット>
・決められた日時に、直接保健所に出向かなければいけないので忙しい人には不向き。
・もしかしたら、知人に目撃されてしまうかも。
・検査結果を聞くのにもう1度保健所まで行かなければいけない。

まとめ

小心者の私の場合は、保健所で検査を受ける勇気がありませんでした。
他に検査を受けに来ている人からどういう目で見られるんだろう・・・とか、
怖い人がたくさん来ているんじゃないか・・・とか、
女性はあんまりいないのかも・・・とか、
色々考えてしまって。(少々高額だけど検査キットでやることにしました。)

でも、そういう細かいことを気にしない人や、時間に余裕のある人は
軽い気持ちでサクッと受けてみるのもいいのかも。

(そういえば、あの時のエッチやばかったかも。)

と思うことがあれば、ぜひ受けてみてください。
無料&匿名で検査ができるって日本の行政サービスは素晴らしいですよね!