性病に感染したら不妊症になるのか

「もし性病だったら、子供を産めなくなってしまうの?」 このような不安を抱える女性は多いと思います。

性病の中でも、特にクラミジアや淋病なんかは放置すると、 膣内からどんどん奥へウイルスが進んでいって、 膣⇒子宮頸部⇒子宮内膜⇒卵管と炎症が広がって、 子宮内膜症や卵管炎になってしまうんです。

性病になった=不妊ではないので安心してくださいね。 早期発見・早期治療をして、 完全に体内の病原菌を退治すれば、 問題なく赤ちゃんを授かって産むことができます。

性病を治療したのに、不妊症になったりするの?

不妊の原因にもなるクラミジアという性病は、 通常は、薬を2週間ほど服用すれば菌は消滅します。 完治すれば、再発するということはまずありえません。

しかし、治療のスタートが遅く、 病原菌が卵管のほうまで進行していると 卵管の炎症部分が癒着してしまって、不妊になってしまうことがあります。

(卵管の癒着しているかどうかは、病院で『子宮卵管造影』という検査で分かります。)

性病が母子感染しないか心配です。

性病に気づかずに、未治療のまま妊娠・出産した場合、 性病の病原菌が母子感染する可能性が高くなります。

もし、病原菌が母子感染してしまった場合、 赤ちゃんは免疫力・抵抗力が弱いので、 肺炎、失明、奇形の可能性・最悪の場合は死に至ることもあります。

妊娠した時は、検診で必ず性病検査をするので大丈夫だとは思いますが、思わぬところから旦那が性病を持ち帰ったりするなど、妊娠中に性病感染してしまうと大変なことになりますので要注意です。